インフルエンザ.com

岡山県のインフルエンザ情報とB型症状を確認しよう

インフルエンザという病気は日頃の生活習慣等から発病するものではなく、ウイルスに感染して起こる病気です。そのためインフルエンザを予防するには人から感染しないように気を付けなければなりません。
インフルエンザの感染力は気温や湿度とも関係するため、流行する時期というのがある程度決まっています。外出先から帰ってきたらうがいをしたり、頻繁に手洗いするといった予防策があるので実践しておくといいでしょう。ただ免疫力が低下している時はウイルスに対する抵抗力が弱くなるため、同じ環境の中に複数の人がいても自分だけが発病してしまうというケースもよくあります。
常に情報を収集して、自分が住んでいる地域で流行していないかを確認しておくことが大切です。岡山県にお住まいの方なら、岡山県のホームページ等をチェックすると流行の状況が分かるでしょう。岡山県内でどの位の患者が出たか、特にどの地域で多く感染しているかといった情報を確認できるはずです。自分が住んでいる地域で流行していたら、予防接種を受ける等の対策が必要になってきます。
インフルエンザで流行するのはA型とB型ですが、B型の方は症状が軽いというイメージがあり警戒を怠ってしまうこともありますね。A型症状とB型症状には違いがあるので、B型症状の方を確認しておくといいでしょう。インフルエンザのB型症状でよく見られるのが、関節痛や筋肉痛だけでなく、胃が痛くなったり気管に炎症を起こすというものです。A型の場合は高い熱が続きますが、B型では普通の風邪と似ているため判断しにくい部分があります。咳が続いたり胃に不快感を感じる時は、医療機関を受診して効果の高い薬を処方してもらいましょう。