インフルエンザ.com

空気清浄機のフィルターのサイズと効果的な活用法

インフルエンザの感染経路が、大気中のウイルスである事が多いことから、空気清浄機のフィルターを上手く活用する事で、インフルエンザへの感染を回避する事が期待できます。
しかし、インフルエンザ対策としては、空気清浄機のフィルターは特殊な構造を持つもので、ウイルスの粒子のサイズにも対応できるものでなければなりません。空気清浄機のフィルターには基準が設定されており、最も微小な粒子を捉えることができるものならば、インフルエンザのウイルスも吸引する事が可能です。そのため、空気清浄機のフィルターの基準が、インフルエンザ予防には重要な要素とされます。
インフルエンザの空気感染において、空気清浄機のフィルターが有効な理由としては、狭い室内であれば短時間で空気を浄化することができ、フィルターの効力により空気も浄化されるために、室内環境の維持にも適しています。
また、空気清浄機の有効な活用法としては、ウイルスを捉えやすくする為に、室内の空気の加湿を行うという手法も見られます。
ウイルスの生存に適した環境は、気温と湿度が低い場所ですが、室内の湿度が高い事で、ウイルスに水分が吸着しサイズが大きくなる事が知られています。そのため、ウイルスが短時間で地面に落下するケースもありますが、そのほかにもサイズが大きくなる事で、空気清浄機のフィルターに捉えやすくなるのです。
空気感染は、インフルエンザの感染者の咳やくしゃみにより、空中に細菌が放出されることにより起こるもので、空中に舞うウイルスが空気感染の原因とされます。そのため、一定の基準を満たす空気清浄機のフィルターならば、ウイルスの除去には有効な手段となり、インフルエンザの感染経路の一つを無くす事も可能です。